人生が、ラブストーリーでありますように。

人生が、ラブストーリーで
ありますように。

私は、「その人」との約束を破った。
生まれて初めて愛した異性。
生まれて初めてバレンタインデーに、
チョコレートを贈った相手。
完璧な人生の先輩。
愛妻の存在は知っていたけど、私は本気だった。
なのに、だんだん欠点が見え始めた。
大切な時に、仕事。束縛。
年下の私をいつまでも子供あつかいすることにも
我慢できなくなった。
会話が途切れた。
長い年月・・・。
そして大学を出た私には、他に好きな人が。
どこか「その人」に似ていた。

結婚を決意。
「その人」は黙っているだけだった。
式は、2月14日。
新しい恋人に私が愛を告白した日。
その朝、「その人」と二人きりで会い、
お別れのチョコレートを贈った。
「約束を破ってごめんね」という言葉に、
「その人」と私は数年ぶりの笑顔をかわした。
バージンロードへ向かう私は、
守れなかった「約束」を心の中で繰り返していた。
「大きくなったらパパのお嫁さんになるの」

チョコレートで、愛を伝える日。
チョコレートは、明治。

——————————————-
読んでいると、なんだかチョコレートの味が口の中に拡がるような、心を温めてくれるコピー。ふつう「良い物語」のコピーは、マーケティングにはなりづらいのだけど。チョコレートは「ひとの気持ちとの親和性が高い」ものだから、きっと「物語」が売りにつながりやすいのだと思う。とにかく、こんな短い、一篇のストーリーで、ドキドキさせてくれる、すごいコピー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中