「Stay Hungry, Stay Foolish.」

見たことある方も多いと思いますが、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチは、やっぱりすごい。飾らず気取らず、とてもパーソナルな言葉が、ストレートに胸に届きます。ジョブズのスピーチこそ、アップルの最大の広告なんだと思います。

これは持論なんですが、「企業が発する言葉」は弱くなりがちで、「個人が発する言葉」は強い、と思うのです。「私たち企業は…」って言っても「え?企業って、誰?」ってどこかでひっかかりが残る。だから企業広告は、商品やサービスに結びつかないことが多いのだと思う。

ひとの心を動かすのは、ひとの言葉でしかないから。「わたしはこう思う、こう感じる」っていう、もっと極めて個人的な感情とか言葉が、ビジネスにも、もっと必要なんだろうな。(と、このスピーチを見ると思います。)

何度も見たくなる短い映画のような、ぜひ一度は見てほしいスピーチ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中