愛は食卓にある。

愛は食卓にある。

コピー界の大巨匠、秋山 晶さんは1968年から、ずっとキューピーマヨネーズのコピーを書き続けているそうです。(もう44年間も!) マヨネーズは、いつも秋山さんのコピーとともにありました。たとえば

「都市とマヨネーズ」
「野菜を見ると、想像するもの」
「speed! 料理は高速へ」
「安全が商品になる時代が終わりますように。」
「サラダ化現象」
「愛は食卓にある。」

などなど。名作コピーがたくさんあります。
秋山さんは「一つの映像から音をイメージしたらどうかと考えた」と、言っていました。まるで言葉をスケッチするかのように描かれた、うつくしい映像が浮かぶボディコピーの数々。それでいてきちんとマーケティングを目指している気がします。

たとえば、
マヨネーズの広告のはずなのに、商品のスペックはでてこない。いつも「野菜」や「サラダ」や「都市」の話をしている。 「え、マヨネーズって油でしょ?」ってことは忘れてしまいます笑 とても理性的で、都会的で、うつくしいものに、マヨネーズを変えてしまった。44年間にわたって、そんなイメージをつくりあげた、秋山さんはやっぱりすごい!と思うのです。では!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中