facebookは都市。googleは地下街。

近頃、僕の中でそんな構図が出来上がっています。

少し前までは「facebookはクローズドで狭い世界」で「googleはオープンで広い世界」という認識だったけど、それが変わってきた。

人類の歴史を変えた、自由にコンテンツを創れるWorld Wide Web。そこに検索窓、ページランクなど、一定のルールを創ったのがgoogleであり、そして世界の覇者になった。でもその世界に、制約も規制もほとんどありません。 そこにはある支配はあっても、自由がありました。

そこにfacebookは、その自由を限定し、世界の統治を始めましたのだと思うのです。すべてをコントロールしようと、ある3つの大きな法律をつくった。それは…

◆実名登録 ◆定められたページ構造 ◆「いいね!」ボタン

実名は、悪事を減らしました。facebookで「荒らし」による炎上は、今でもほとんど聞きません。ページ構造が統一されていることで、すべての人も、企業も、瞬時に理解しあえます。

そして「いいね!」ボタン。このボタンがあるおかげで、みんなが「いいね!」と思うコンテンツをアップするようになる。(そうしないと反応が減ってしまうから)このボタンは、無意識に「コンテンツのフィルター機能」を果たしている。

そんな風に、すべてをコントロールされた「都市化」しようとしている気がするのです。(とても感覚的な話です)

でも日常と同じように、ルールに溢れた「都市」に、ときどき息苦しくなります。そんなにルールなんてなくてもいいだろう!と。俺だってたまには悪いことがしたいんだ! ということがある。

そんなとき僕はgoogleの窓を開くことにるわけです。(あまり詳細は語りませんが!)そこにはものすごく悪いものもの、ものすごくいいものもたくさんあります。人に言えない話が聞けたり、見たこともない、いい感じに地下街みたいな世界が拡がっている、そんなきがしてワクワクします。

この話は、僕の感覚的で暫定的な”今の解釈”だし、「どちらがいい」という話ではありません。
それは使い分けであり、それぞれの使い方があるのだと思います。ただ、もしいつかWEB世界の年表をつくったら、そんな話になるのかな、なんて思ったことを書きました!それでは!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中