文章を書く人に読んでもらいたい8冊!!

文章を書くのは、とても難しい作業です。でも自分で思った通り、それ以上の文章が書けたときの心地よさ、そして誰かの心を動かせたときの喜びはとてもすばらしい。僕がコピーライターになってから、文章を書くために読んだ本の中から、すばらしく役に立った8冊をご紹介します。

「伝わる!揺さぶる 文章を書く」

中学生や高校生の、添削を長年にわたって続けた山田ズーニーさんの名著。「いい文章とはなにか」ということが、やさしい言葉で説明されています。学生が読むととても役に立つ本だし、社会にでた人が読んでもきっと気づかされることが多い一冊。

「名作コピーに学ぶ読ませる文章の書き方」

広告のボディコピーは、ものすごい密度で書かれている。何日もかけて積み重ねた思考を、たかが数行の文章に詰め込む。だからじっくり読むとすごくおもしろいし、勉強になる。

この本は、優れたボディから、人の心を動かす文章について教えてくれます。

「何度も読みたい広告コピー」

優れたボディコピーがたくさん並んでいる一冊。上記のように優れたボディコピーは、文章の勉強に最適です。でもそれだけでなく、「ただおもしろく」読める一冊でもあります。

ショートショートのように短い物語。しかもそれがマーケティングまでに結びつく。とても面白いと思います。

「あの演説はなぜ人を動かしたのか」

文章の目的は、結局のところひとの心を動かすことにある。だとすると「演説」はものすごくよくできた文章だ。この一冊は「すぐれた演説の黄金律」を教えてくれる。それはどんな文章にも応用できるものです。

「文章読本」

谷崎潤一郎が書いた、文章を書くときの「姿勢」をまとめた本。これを読むと谷崎潤一郎でさえも、どれだけ文章を書くことに苦しんでいたかが解る。そして文章を書く意味も同時に教えてくれる。

「思考の整理学」

東大生にもっとも読まれた一冊として、名高い名著。文章を書くこと=思考を整理することであるわけだから、小手先のテクニックではなく、頭の使い方、整理の仕方は文章に直結します。1円で買える最高の1冊です!

「雑文集」

村上春樹の、過去の寄稿やスピーチなどの寄せ集め雑文集。それがまったく雑文ではなく、どれも本当に深く考えられた内容になっています。

「小説を書くことについて」というシリーズがあるのですが、とても面白い。物語のチカラ、物語の存在する意義を強く感じさせてくれます。

「風の歌を聴け」

“完璧な文章など存在しない。”という一行からスタートする村上春樹の小説家人生。「文章を書くことについて」書かれた冒頭は、文章を書くすべての人に読んでもらいたい。

この10ページだけで400円の価値が間違いなくあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中